2015年05月11日

ブルーベリーで飾り寿司教室

すし22JPG.jpg


ゴールデンウィークも一段落ついた日、ブルーベリーで初めてのお料理教室を開催しました。
千葉の郷土料理が発祥という飾り巻き寿司を教えてもらいます。
先生は、3つ子ちゃんのお母さんでありながら、飾り寿司インストラクターでもあるSさんです。
見るのも食べるのも初めての飾り寿司。
私も、たまたま泊まり会わせたお客さん達も、興味津々でした。


すし1.JPG


まずは下準備。
海苔や、中に巻く具材などを長さを測りながら切ってゆきます。


すし2.JPG


中の具は、チーズ蒲鉾やきゅうり、ピーマン、つけものなど、家にある物で気軽につくれるとのこと。
お刺身が入っていないので、まだ生ものが食べられない2歳の息子も食べられます。


すし3.JPG


ご飯の準備。今回は桃の花とカエルのお寿司を作ります。
ご飯に梅味の寿司酢でピンクに色づけします。
ピンクのご飯ってそれだけでかわいいです。


すし4.JPG



こちらは緑色のご飯。
寿司酢にマヨネーズと青のりを混ぜると、きれいな緑色になるのです。
感心することしきりです。


すし5.JPG


それぞれのご飯をパーツごとの重さで量って分けます。
工作っぽくておもしろい。


すし7.JPG


ここから、他のお客さんも一緒にまいてゆきます。
まず手始めに生ハムロールです。


すし6.JPG


カリフォルニアロールのようにのりが内側にくるお寿司なのですが、ラップの上にのりとご飯をのせて、ひっくり返して巻いていくのですね。
「こうやって作るんだ〜」
と声があがります。


すし8.JPG


生ハムとクリームチーズが寿司飯に合っておいしい!
お酒のおつまみにぴったりなのは意外でした。
ホームパーティにもいいですね。


すし9.JPG


続いては桃の花の飾り寿司。
小さく切ったのりの上に、ピンクのご飯をのせて巻き、細巻きの海苔巻きを5本作ります。


すし10.JPG


チーズ蒲鉾を花の芯にして、5本の海苔巻きではなびらのようにぐるっとかこいます。


すし11.JPG


細巻きがくずれないように、細く切ったのりでとめ、間にキュウリをはさみます。
なんだかピストルの弾が入っているところみたいです。


すし12JPG.jpg


花のお寿司をさらにのりご飯で巻いていきます。
太巻きのようになってきました。


すし13JPG.jpg


切ってみると、きれいな桃の花の模様が!
「かわいい〜」
女子でなくてもそう言ってしまいますね。


すし14JPG.jpg


しばし、桃の花にかわいいを連発した後、カエルにとりかかります。
今度は、海苔の上にみどりのご飯をのせていきます。


すし15JPG.jpg


このカエルは、空間認知能力が必要というか、どういう形になるかを想像しながら作るに頭を使いますね。
のりの両端にチーズ蒲鉾をのせて一巻きします。これが目になるそうです。


すし16JPG.jpg


魚肉ソーセージで作った口をのせて、上にご飯ものせて形をつくっていきます。
この辺りは、説明の文章を読むだけでは全くわからない作業でした。
目の前で作ってもらって、やっとわかります。


すし17JPG.jpg


断面がカエルの顔になっているのが分かりますか?
上の丸二つが目、下の半月が口ですよ〜。


すし18JPG.jpg


残ったチーズ蒲鉾で目の間のくぼみをつけます。
いろいろな工夫が満載で、さすがは専門で勉強した方だなぁと感心します。


すし19JPG.jpg


切るとカエルの顔になりました!
この瞬間が楽しいですね〜。


すし20JPG.jpg


さらに一工夫。
のりパンチで切り抜いた目のパーツの、海苔を、カエルの目にちょんとつけると、とたんにカエルの表情が豊かになりました。


すし21JPG.jpg


こんなカエルがお弁当に入っていたら、子供もよろこびますね。
もちろん大人も大喜びです。


すし22JPG.jpg


巻き寿司たちは、皆さんの翌日の朝食になりました。
見た目はもちろん、お味もとても美味しかったです。
1個づつラップにくるめば、お弁当にも持って行きやすくて、いいですね。

かわいい巻き寿司を教えてくださったSさん、本当にありがとうございました。
とても楽しい料理教室でした。
もともとは千葉の郷土料理だったという飾り寿司にも興味が湧いてきました。
忘れないうちに、また練習しようと思います。





【関連する記事】
posted by 智子 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月30日

久しぶりのバースディケーキ

大沼さんケーキ1.jpg


久しぶりのブログです。
先週は、お誕生日が近いIさんが来てくれました。
ダンナ様のバースディケーキは何度か作っているのですが、奥様はこの時期にブルーベリーに来たことが無かったというので、今週のお茶会は、バースディお茶会となりました。

久しぶりのケーキ、何を作ろうかと思いましたが、今、旬といえば、イチゴですよね。
ケーキの王道、イチゴショートを久しぶりに作ってみました。


大沼さんケーキ⑵.jpg



Iさんのバースディケーキなのですが、数日前は息子の誕生日だったので、息子は先にケーキと記念撮影。
息子が大きくなった時に、この写真を見せて、
「2歳の誕生日には、ちゃんとケーキをつくってあげたんだよ」
と、恩を着せようという作戦です。
息子はまだケーキは早いので、大好きなイチゴのお裾分けをもらいました。


大沼さんケーキ4.jpg


この日は春休みのファミリーや、ひとり旅の旅人さん、などなど、賑やかなパーティとなりました。
Iさん、お誕生日おめでとうございます!
どうぞ素敵な1年をお過ごしくださいね。


大沼さんケーキ3.jpg
posted by 智子 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作りケーキ・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月25日

手作りパンは楽しい!

パン1.JPG



北軽井沢ブルーベリーYGHでお出しする食事は、ごはんです。
基本的にパンはお出ししていません。
パンを出さない理由は、マネージャーの実家、佐渡が島には日本で一番おいしいんじゃないかと思うお米があるからです。
「朱鷺と暮らす里米」というお米を取り寄せているのですが、これがおいしい。
炊きたてごはんと、塩でもおいしいお米なので、ぜひ皆さんにも食べて欲しいというのが第一の理由。
また、軽井沢はパンがおいしいところでもあるので、うちで出さずとも、数々のパン屋さんが、おいしいパンを提供しているので、うちはあえてご飯で、というのが第二の理由です。

けれど、個人的にはパンも好きでして、増税前には、ホームベーカリーを買おうかどうか悩みました。
(結局まだ買っていない・・・)
1歳になった息子は、もちろんご飯も好きですが、私に似たのか、パンも大好き。

毎日、朝食にはパンを食べるようになると、パンの材料が気になります。
市販のパンには、マーガリンとショートニングが使われていることが多いのですよね。
この二つに入っているトランス脂肪酸が、健康に悪いとのこと。

ぜっったい口にしたくない、一口たりとも食べさせたくない!
というような考えはないのですが、赤ちゃんの食べるもの、それも主食なので、なるべく安心なものを食べさせたいのが人情です。
手作りのパンは、その点、材料が分かるので安心、ということで、息子が生まれてから、なるべくパンは手作りにしました。
手作りする時間と気力が無いときも、パンの聖地と言われる軽井沢だけあって、マーガリン不使用のパンを売っているので助かります。
スーパーツルヤさんで売っている「石窯パン」はバターで作られていますし、ブルーベリーから車で3分の「森のパン屋さん」のパンの油脂は、オリーブオイルを使っているのでこちらも利用しています。

パンを自分で作るようになって、良かったことは、パンの味が以前より分かるようになったことです。
分かると言うより、気をつけて食べるようになったことでしょうか。

初めて作ったパンのレシピは、なぜか塩が入っていないものでした。
赤ちゃんには塩が入っていないくらいの方がいいだろう、と思って作ったのですが、出来たパンは、大幅に普通のパンと違う。
そもそも、パンの味がしない。
シロウトの作ったパンとはいえ、これは違いすぎやしないか・・・。

ネットで調べてみると、塩が粉の風味を引き出すそうなのです。

標準的な塩のレシピで作り直してみると、
「これこれ」
と、言いたくなる馴染みのパンの味がして、ようやくほっとしたのでした。
後日、スーパーで「無塩パン」なるものを買ってみたら、私が作ったパンの味でした。
塩は塩味をつけるものじゃなく、風味や、歯切れの良さまで引き出すものでもあるんだなぁ、と大変勉強になりました。

塩だけでなく、バターや砂糖の量を変えると、パンの味も変わってきます。
今まで何気なく食べていた食パンも、バターが多いと香りや風味が豊かですし、オリーブオイルで作られたパンはあっさりとして、フランスパンに近い味。
砂糖が多いとしっとりふわふわで、少ないと歯ごたえのあるパンになります。
そして、バターが入っている食パンは、バターをつけるとおいしく、オリーブオイルが入っているパンは、オリーブオイルに塩を入れたものをつけて食べるとおいしいことも気がつきました。

そうして、味比べをしていると、何もつけない食パンが店によって様々な味を持っていることがわかります。
食パンがおいしいパン屋さんはいいパン屋さんだと聞きますが、もっともですね。



パン2.JPG



最近作った食パンです。
早速息子の朝ご飯になりました。
私の作るパンは、まだまだシロウトで、焼きすぎたり、固かったり、形もきれいにはいかず・・・難しいもんです。
ですが、自分が作ったかわいさ余って、2割増しでおいしく感じます。
いつか、お客さんにお出しできるパンを作りたいですね。
今のうちに、息子にたくさん食べてもらって、腕をみがこうと思います。



パン3.JPG





posted by 智子 at 18:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 手作りのもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月21日

ガトーショコラでバースディ

Sさんケーキ1.jpg



ちょっと時間が経ってしまいましたが、先日、節目のバースディを迎えたお客さまに、ガトーショコラを焼きました。
ガトーショコラは、いろいろなレシピがありますね。

小麦粉が入っていなくて、生チョコに近いものやら、ココアスポンジに近いものやら、お豆腐を使ってヘルシー志向に作ってあるものやら・・・。
私が定番にしているレシピは、小麦粉少しで、生チョコ風のしっとりタイプ。

ケーキは美味しいけど、カロリーも気になります。
私も一時期は、ヘルシーなお菓子に挑戦したことがありました。
チーズを豆腐に変える、小麦粉をおからに変える、砂糖を甘味料に変えるなどなど。
けれども、代替え品でカロリーを下げると、やっぱり物足りない・・・というか、おいしくない。

お菓子は食べなくても生きていけます。
でも、ないと絶対、寂しい。
お菓子は、お酒や、タバコや、芸術?! と同じカテゴリーじゃないかと思います。
それをヘルシーにして味がイマイチなのはどうなんだと思い、結局、ヘルシーはやめました。

おいしくて、安全な材料を使って、おいしく作れば、自然と体と心にいいに違いない、と思っています。

そういえば、飲食店のメニューに、「ヘルシー○○」とつけると、そのメニューはあまり出ないのだそうです。
じゃ、なんでそんな名前にするのかというと、わざと売れない名前のメニューを作って、売りたい(儲けが多い)看板メニューを注文させるのが目的だそうで。
うーん、深いですねぇ〜。



Sさんケーキ3.jpg



今年、初物のミントが出てきたので、早速デコレーションに使いました。
今年は大雪が降ったので、チューリップもミントも遅咲きでしたね。



Sさんケーキ2.jpg



節目の誕生日を迎えたSさん。
いつも笑顔でまわりを癒やしてくれます。
どうぞ、素敵な1年を過ごしてくださいね。



5-17a-01.JPG



ちなみに、遅咲きのチューリップは今が満開になりました。
チューリップと野鳥を見つつ、お茶するのが最近の私の楽しみです。
posted by 智子 at 15:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 手作りケーキ・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月28日

全国のYHで踊った 恋するフォーチュンクッキー

★ユースホステル版・恋するフォーチューンクッキー


全国のユースホステルのマネージャー、お客さん、YH協会の皆さん達で作った
「恋するフォーチューンクッキー」
の動画です。
津々浦々、いろんな場所で、いろんな人達が踊っています!

この動画に、北軽井沢ブルーベリーYGHも参加させていただきました。
今年の2月は、大雪と恋チュンの1か月でしたね。

2月のある日、屈斜路原野YHのペアレントさんから、
「全国のユースホステルで、恋するフォーチュンクッキーの動画を作りませんか?」
という呼びかけがありました。

AKB48の曲に合わせて短いフレーズを踊り、つなげて1本の動画にする。
北海道弟子屈町が、これにチャレンジしたところ、先日AKB48の公式認定を受け、2日間で3万5千回も閲覧され、現在もその数字は伸び続けているとのこと。

町でやっているもの、企業でやっているものなどなど、いくつかの動画を見ましたが、皆さん楽しそうで、今まで知らなかった町や会社に親近感が湧いてきます。
若者には知名度がいまいち低いユースホステルですが、気軽に再生できる動画なら、たくさんの人に、ユースホステルを知ってもらえそうです。

それほど難しいダンスでもなさそうなので、私にもできるかも・・・、
と北軽井沢ブルーベリーも立候補しました。

実は、今までAKB48の曲をちゃんと聴いたことがなかったのですが、それ以来暇さえあれば、曲を聴く毎日になりました。
歌はAKB48のものを使うのでいいとしても、問題は踊りです。
踊り方を描いたガイド(昔、雑誌についていたピンクレディーの踊り方みたいなもの)はありましたが、それだけでは全くわかりません。
が、今は便利なものがあって、一般の人が踊り方の解説をしてくれる動画がたくさんあるのですね。
これに助けられました。

数日後、なんとか流れは分かったけど、このステップはちょっとできないなぁ、くらいになった頃、北軽井沢に移住してから初めての大雪が降りました。
一晩で積もった雪は1.3メートル。

同時に屈斜路原野YHさんから、踊る箇所を指定するメールが届きました。
雪にも唖然としましたが、このメールにも唖然。
極力さけたかった、難しいステップのところが割り当てられているではありませんか。
おまけに、自分の出番は3秒くらいのものだろうと思っていたのが、1分くらいの長さがある・・・。
動画の締め切りは、その日から1週間後。

とりあえず、雪かきしなきゃ車も出せないので、その日は朝からずっと雪かきでした。
翌日もその翌日も、雪かきは続く。
日が暮れると、息子に離乳食を食べさせつつ、ぎしぎし言う体をギクシャクさせながらAKB48を踊る毎日が、一週間も続いたのでした。

室内で自分を動画で撮ってみると、あまりの恥ずかしさに目を覆いたくなります。
姿勢の悪さとか、動きの悪さとか、表情のなさが一目瞭然なのですから。
映像になると、自分ではちゃんと動いているつもりでも、タラタラと動いているようにしか見えないものですね。
映像で普通に見えるようにするには、普通の10倍のオーバーアクションと、笑顔が必要なのだと分かりました。

今まで、楽〜に踊っているように見えていた人達も、楽なんかじゃなかったのですね。
みんな、訓練を積んで、あんな風に自然に踊れるようになったんだなぁ。
自分で踊ってみる事で、テレビや映像で踊っている人達の見かたがガラッと変わりました。

AKB48の女の子達を見れば、
「おおっ、踊りながらフェロモンまで出してる! 神ワザ!」

「おかあさんといっしょ」の歌うお兄さんを見れば、
「あの体のキレ、ほれぼれするほど美しいね!」
などなどなど。

そして、我が家にとっての救世主、除雪機が配達された頃(雪が降ってから買った)、やっと撮影するスペースができたのでした。

野外ステージはととのいましたが、人の少ない田舎に住んでいるとはいえ、ご近所の人に見られないともかぎりません。
建物全体をいれようとすると、道にカメラを置いて撮影するしかないのです。
皆、真剣に雪と戦っているときに、のんきに踊っているところを見られたら、やはり恥ずかしい・・・。

と、いうことで、日の出と共に撮影することにしたのでした。
早朝なら、ただでさえ人通りの少ない村道に、タヌキだって通りゃしないだろう。

が、朝6時半の外気は容赦ありませんでした。
マイナス15度くらいにはなっていたのではないでしょうか。
そんな中、少しでも細く見せようというやましい心の為、もちろん薄着です。
カメラを調整している間にも、手がかじかんできます。
なんとか動画を撮り始めた途端、飼い主の奇行を見た愛犬・コロが私に向かって吠えまくるのでした。

家の中で、動画をチェックしてみると、早朝すぎて、建物が陰になっています。
もっと明るくなってから仕切り直しです。

昼間は、早朝の寒さがうそのようなポカポカ陽気。
ちょっとの間なら、赤ちゃんを外に出してもいいだろう。
と、0歳の息子にも協力してもらうことに。
赤ちゃんを持ち出せば、少しは画面がかわいくなるんじゃなかろうか、という浅はかな心で撮影開始。

最初は大人しかった息子も、母があらぬ方向をむいてジタバタ踊っている異常さに気づいたか、泣き出してしまったので、3回ほど撮って撮影は終了。

「言うは易く行うは難し」
本当に、この言葉を実感した1週間でした。
でも、じわじわと楽しかったな〜という思いがこみ上げてきたのも事実です。
自分にとって新しいことをするのは、大変だけれど、楽しいことですね。

先日、完成動画のアドレスが公開されました。
南の島で、流氷の上で、みかん畑で、と様々な場所で繋がった動画は、とても面白かったです。
編集された屈斜路原野さんには頭が下がります。

うちの映像も、トップに出していただいて感謝感謝です。
踊りが変〜とか、ステップができてない〜なんていう私の心配はまっったく無用でしたね。
数秒の(サブリミナル?)私&タケルの動画では、そんなことには気づくまい。
最後の場面には、マネージャー会議に出席したうちのマネージャーも出演してます。

この動画が、一人でも多くの人のユースホステルを知るきっかけになれば、嬉しいかぎりです。






posted by 智子 at 10:07| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする