2010年10月30日

かねかわ農園さんのりんごでジャム作り

紅玉.jpg



先日、かねかわ農園さんで買ってきた紅玉で、ゴロゴロりんごジャムを作りました。



紅玉1.jpg



りんごは、皮に塩をこすりつけて、よく洗います。



紅玉2.jpg



つやつや、ぴかぴかのりんご。
なるべく切れないように皮をむいて、鍋にいれます。



紅玉3.jpg



この皮で、ジャムがきれいなピンク色になるのです。



紅玉4.jpg



中身は芯を取って重さを量り、好きな大きさに切ります。
去年は角切りりんごにしましたが、今年は大きく切って、ゴロゴロりんごにします。



紅玉5.jpg



りんごは皮と一緒に鍋に投入。
りんごの重量の30パーセントの砂糖と、レモン汁大さじ2を混ぜます。
このまま30分放置。りんごから水分が出てくるのを待ちます。
今回は、りんご約1キロ、砂糖300グラム、レモン汁大さじ2で作っています。



紅玉6.jpg



この間に保存瓶の煮沸です。
ガラス瓶とふたを、水の入った鍋に入れ、火にかけます。
15分ほど煮沸。
終わったら、キッチンペーパーの上で乾かしましょう。

りんごを30分寝かせたら、ジャムを煮ます。
水を加えなくても、煮ているうちにりんごからちゃんと水分が出ますので、大丈夫。
弱火で25分くらい煮ました。
ガスレンジから、途中でストーブの上に移動してコトコト。
甘い香りが部屋中に漂ってきます。

今回は、大きめに切ったので、ジャムというより、コンポートのような、さらっとした出来になりました。

ジャムが熱いうちに瓶に入れ、軽くふたをし、瓶ごと鍋で煮て空気を抜きます。
やはり15分くらい。



紅玉7.jpg



お湯から出したら、ふたをぎゅっと締めて、逆さにして冷まします。
できあがりは、ふたがへこんで、真空になっているはず。
こうしておけば、長期保存ができ、いつでも旬の味が楽しめるのです。



紅玉8.jpg



りんごの皮できれいなピンク色にのジャムになりました。




紅玉9.jpg



ラベルもつけてみます。



紅玉10.jpg



早速、翌日の朝ご飯に。



紅玉11.jpg



できあがり。
大き目に切ったので、フルーツ感たっぷりの、みずみずしいジャムになりました。
ゴロゴロジャム、けっこう気に入りました。



紅玉13.jpg



こちらは、かねかわ農園さんのブルーベリージャム。
文句なくおいしい。フルーツ感満載の贅沢ジャムです。

さて、普通、ジャムの色づけに使ったりんごの皮は捨ててしまうのですが、ちょっとかじってみたら意外においしい。
ちょっと歯ごたえがあって、これは、手作りならではの副産物です。



紅玉12.jpg



皮のコンポートも、パンにのせて、幸せのひとときでした。

ブルーベリーの朝食には、毎回、ヨーグルトに手作りジャムをお出ししているのですが、ここしばらくは、紅玉ゴロゴロジャムが出現しそうです。







posted by 智子 at 09:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 保存食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これを食べに
ブルーベリーに行きたい気分
なくならないうちに…
ごろごろっていうところころがいいね〜

ブルーベリージャムもいい感じ
Posted by ありばば at 2010年10月30日 12:49
おお!
おいしそうですね!

そういえば、随分前の「東京人」という雑誌で知ったのですが、永井荷風さんも、リンゴがお好きで、原稿を書く傍らの火鉢で、コトコト煮て、自家製コンフィチュールを作ってたそうです。

ストーブでコトコト煮る、という一節で荷風さんを思い出しました。

彼が有名な日記「断腸亭日乗」の執筆を始めたのは1917年(大正6年)だそうですが、以来、秋〜冬には、しばしばリンゴの記述が出てきたそうです。

荷風さんが重い風邪を引いた時に、当時付き合ってたカフェーの女給さんが、彼にリンゴをもってきて、それを向いて刻んでコップに入れ、熱湯をかけたアップルスープなんてのも出てくるそうで、これも気になりませんか?
Posted by みわぼー at 2010年10月30日 12:50
わぁ〜美味しそう!!!
早速、ゴロゴロジャム作ったのですね。

無くならない内に
ブルーベリーに行こうかな???
Posted by ami at 2010年10月30日 13:12
ありばばさん、こんばんは。
ぜひ、ごろごろジャム、食べにいらっしゃってください。ブルーベリージャムもおいしいですよ。

みわぼーさん、永井荷風さんが自分でジャム作りをしていたとは知らなかったです。
女給さんのアップルスープ、気になりますね!
ジュースでなくて、スープってところが。

amiさん、早速作ってみましたよ〜。
寒い日にジャムをつくると、気持ちまであったまります。
ラ・フランスはあと、5日くらいしないと熟さないので、どうやって使おうか考え中です。
Posted by 智子 at 2010年10月30日 23:24
自分からあまり話題を提供しない派の夫が
「ごろごろりんごのジャム、おいしそうだよ〜」
と、このブログを見せてくれました。

本当においしそう!
食べに行きたいよぉ〜

皮はむかない派なのでいつもそのまま
食べちゃうんですけど、
この皮は皮でおいしそうですね。
色がきれい!

パンは銀亭ですか?
Posted by ささらー at 2010年11月01日 16:30
ささらーさん、ダンナさんも見ててくれたのですね。
なんだか嬉しいです。
いつでも、食べに来てくださいな。

りんごまるかじり派なのですね。
本当は、皮に栄養があるんでしたっけ。
塩でりんごの表面をこすってから洗うと、色があざやかになるようです。

パンは、旧軽井沢のフランスベーカリーのフランスパンです。ジョンレノンがいつも買っていたというパンで、もちもちで美味しいですよ。
Posted by 智子 at 2010年11月01日 23:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。