2009年12月13日

大川内山2・陶器のある風景

さが13.jpg


昨日に引き続き、大川内山を紹介します。
さすが、陶器の里、至る所に焼き物があります。
陶器と言うと、茶碗や湯飲みなど、家の中で使う物と思いますが、そんな枠を外した楽しみ方を、大川内山は教えてくれました。






さが11.jpg


池の壁にも、陶器でできた絵がはめ込まれています。
風流ですね。






さが12.jpg


壊れた急須も鉢にして再利用。







さが14.jpg


登り窯です。
細長い窯でたくさんの陶器を焼きます。






さが15.jpg


塀の上にも壷が。






さが16.jpg


この壁は何の壁でしょうか?

答えは女子トイレです。
お姫様の陶板が見えますね。







さが17.jpg


電話ボックスも陶器で表示。






さが18.jpg


陶器でできた橋です。
竜の周りの青い部分は、陶器のかけらをモザイクのようにして使っています。
うーん、豪華。

町のはずれを歩いていると、陶器の破片がゴロゴロ転がっています。
ちょっとした遺跡発掘気分ですよ。
posted by 智子 at 10:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
町中が陶器の絵で飾られている。
生活の中に気の利いたエスプリが自然にちりばめられている。
BBのまわりも、こんなふうに、イカシタ風景の発信地に出来たらなぁ。
Posted by 進之助 at 2009年12月14日 11:48
進之助さん、こんばんは。
この町は基本が統一されていて、余計な物がないのが良いのですよね。
鍋島藩は、斬新なデザインを取り入れる事も推奨したそうですから、ホコリをかぶったような古くささもなく。
うちも見習いたいです。
Posted by 智子 at 2009年12月14日 17:06
そうそう!これです!
「壁に陶器が埋め込まれている」を知ってから、行ってみたいなぁ〜とずっと思っていました。
本当に素敵ですよね。
土地の人にとってはずーっとあるものなのかもしれないですが、やっぱりこんな風に生きたものとして使ってあるとさりげなさに思わず惹かれてしまいます。

普段使いできる人になりたいけど、あこがれたまま死んでいくと思います。
Posted by ささらー at 2009年12月15日 00:43
ささらーさん、おはようございます。
壁やら橋やらに陶器が埋め込まれている感覚が新鮮ですね。こういう使い方があるのか! とびっくりでした。
その上、仰々しくなりがちな豪華な壷なども、自然に町に馴染んでいるところがすばらしい。陶器と一緒に育ってきた町なんだなぁ、と感じました。
ささらーさんなら、こういう器の普段使い、似合いそうですよ。
Posted by 智子 at 2009年12月15日 08:41
わ、ステキですね!
マカオを思いだしました。どんなに短い路地にも必ず通りの名前があって、その名前が、タイルで、道のはじっこの壁に埋め込まれているんです。
それから、何枚もタイルを使って大きな絵が飾ってあったり。
ポルトガル発祥、マカオ経由で日本にも伝わったのかな〜。わくわくしますね☆
Posted by まる at 2009年12月17日 00:53
まるさん、おはようございます。
おお。マカオでもタイルアートが盛んなのですか。
見てみたいです。
ポルトガルから大川内山まで伝わっていったとしたらおもしろいなあ。
そういう小さな事って、ガイドブックではわからないのですよね〜。
Posted by 智子 at 2009年12月17日 08:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/135361282

この記事へのトラックバック