2015年05月11日

ブルーベリーで飾り寿司教室

すし22JPG.jpg


ゴールデンウィークも一段落ついた日、ブルーベリーで初めてのお料理教室を開催しました。
千葉の郷土料理が発祥という飾り巻き寿司を教えてもらいます。
先生は、3つ子ちゃんのお母さんでありながら、飾り寿司インストラクターでもあるSさんです。
見るのも食べるのも初めての飾り寿司。
私も、たまたま泊まり会わせたお客さん達も、興味津々でした。


すし1.JPG


まずは下準備。
海苔や、中に巻く具材などを長さを測りながら切ってゆきます。


すし2.JPG


中の具は、チーズ蒲鉾やきゅうり、ピーマン、つけものなど、家にある物で気軽につくれるとのこと。
お刺身が入っていないので、まだ生ものが食べられない2歳の息子も食べられます。


すし3.JPG


ご飯の準備。今回は桃の花とカエルのお寿司を作ります。
ご飯に梅味の寿司酢でピンクに色づけします。
ピンクのご飯ってそれだけでかわいいです。


すし4.JPG



こちらは緑色のご飯。
寿司酢にマヨネーズと青のりを混ぜると、きれいな緑色になるのです。
感心することしきりです。


すし5.JPG


それぞれのご飯をパーツごとの重さで量って分けます。
工作っぽくておもしろい。


すし7.JPG


ここから、他のお客さんも一緒にまいてゆきます。
まず手始めに生ハムロールです。


すし6.JPG


カリフォルニアロールのようにのりが内側にくるお寿司なのですが、ラップの上にのりとご飯をのせて、ひっくり返して巻いていくのですね。
「こうやって作るんだ〜」
と声があがります。


すし8.JPG


生ハムとクリームチーズが寿司飯に合っておいしい!
お酒のおつまみにぴったりなのは意外でした。
ホームパーティにもいいですね。


すし9.JPG


続いては桃の花の飾り寿司。
小さく切ったのりの上に、ピンクのご飯をのせて巻き、細巻きの海苔巻きを5本作ります。


すし10.JPG


チーズ蒲鉾を花の芯にして、5本の海苔巻きではなびらのようにぐるっとかこいます。


すし11.JPG


細巻きがくずれないように、細く切ったのりでとめ、間にキュウリをはさみます。
なんだかピストルの弾が入っているところみたいです。


すし12JPG.jpg


花のお寿司をさらにのりご飯で巻いていきます。
太巻きのようになってきました。


すし13JPG.jpg


切ってみると、きれいな桃の花の模様が!
「かわいい〜」
女子でなくてもそう言ってしまいますね。


すし14JPG.jpg


しばし、桃の花にかわいいを連発した後、カエルにとりかかります。
今度は、海苔の上にみどりのご飯をのせていきます。


すし15JPG.jpg


このカエルは、空間認知能力が必要というか、どういう形になるかを想像しながら作るに頭を使いますね。
のりの両端にチーズ蒲鉾をのせて一巻きします。これが目になるそうです。


すし16JPG.jpg


魚肉ソーセージで作った口をのせて、上にご飯ものせて形をつくっていきます。
この辺りは、説明の文章を読むだけでは全くわからない作業でした。
目の前で作ってもらって、やっとわかります。


すし17JPG.jpg


断面がカエルの顔になっているのが分かりますか?
上の丸二つが目、下の半月が口ですよ〜。


すし18JPG.jpg


残ったチーズ蒲鉾で目の間のくぼみをつけます。
いろいろな工夫が満載で、さすがは専門で勉強した方だなぁと感心します。


すし19JPG.jpg


切るとカエルの顔になりました!
この瞬間が楽しいですね〜。


すし20JPG.jpg


さらに一工夫。
のりパンチで切り抜いた目のパーツの、海苔を、カエルの目にちょんとつけると、とたんにカエルの表情が豊かになりました。


すし21JPG.jpg


こんなカエルがお弁当に入っていたら、子供もよろこびますね。
もちろん大人も大喜びです。


すし22JPG.jpg


巻き寿司たちは、皆さんの翌日の朝食になりました。
見た目はもちろん、お味もとても美味しかったです。
1個づつラップにくるめば、お弁当にも持って行きやすくて、いいですね。

かわいい巻き寿司を教えてくださったSさん、本当にありがとうございました。
とても楽しい料理教室でした。
もともとは千葉の郷土料理だったという飾り寿司にも興味が湧いてきました。
忘れないうちに、また練習しようと思います。





posted by 智子 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする